壁や窓ガラスなどの各部位で、両側の気温が異なる時に、温かい側から冷たい側へ熱が壁や窓などを通過します。こういった外壁や天井、窓など建築物壁面の熱の伝わりやすさを数値として表したものが熱貫流率で、K値とも呼ばれています。

具体的には壁の両側の空気温度に1度の差があるときに、1時間あたりに壁1平方メートルを通過する熱量をワットで表しています。この数値が小さいほど熱を伝えにくく、断熱性が高いことになります。

真空ガラススペーシア、二重内窓であるインプラスやプラマードUの改修工事は、住宅版エコポイントの対象となりますので、奮ってご活用下さい。